スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地味ですが豚のすね肉

STINCO DI MAIALE (スティンコ ディ マイアーレ)


前回、ロスティッチアーナを調理して、オーブンがすっかり脂まみれになったので、こうなったらとことん汚してやろうと...
ではなく、まとめておいしいものを作ってから、その後に一気にきれいにすれば良いと思いました。

去年の10月にもブログアップした、
http://supertoscana.blog45.fc2.com/blog-entry-842.html を変化させて仕上げてみました。

スティンコ(骨付きの豚のすね肉)を控えめの塩と大胆なくらい大目の胡椒をふり掛け、手の温度で腐らない程度によく揉み込んで、オーブンに入れます。



stinco_2012.jpg


220度くらいの高温で40分、表面が焦げるくらいに焼き固めます。
さらに、様子を見ながらオーブン内の温度を180度くらいに落として、30分ほどかけて肉の中心までじっくり火を通しました。

ややきつめの胡椒の風味がポイントですが、塩を控えめにしたのには理由があります。
焼き上がったすね肉をナイフで切り落とし、「しょうが汁を落とした酢」 にディップして食べるためです。

しっかりとしたすね肉の食感、あっさりとした和の味わいは、他では味わえない折中した融合の味わいです。
皆さんに是非お試し頂きたいです。

やっぱり肉食系という方、↓ クリックを

スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。