スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェの立ち飲みワインの店

FIASCHETTERIA DI PESCE (フィアスケッテリア ディ ペッシェ)


店名を直訳すれば、魚の立ち飲みワイン酒屋と言ったところでしょうか。
意訳をすれば、フィレンツェの築地...
何しろ、ここは魚屋さんで酒を飲めると言った方が正しいと思います。

営業時間は、朝7時半からです。
店主のおじいちゃんが仕込んだ新鮮な魚をつまみに冷えた白ワインが飲めます。



ostriche_20111028022341.jpg


お店まで30分程歩いてきたので、スプマンテで喉の渇きを潤しつつ、まずは生牡蠣を。
この季節の牡蠣はミルキーさはありませんが、とても身が厚く食べ応え十分。



insalata di pesce


お魚のサラダ。
いいダコ、イカ、小えびとズッキーネやトマト、ブロッコリーなどの野菜を合わせたもの。
とってもゴキゲンのお味に、白ワインにGewurztraminer (ゲヴルツトラミネール)をボトルで頂くのですが、ここのGewurztraminer は、香り、酸味と甘さのバランスが肴の味を邪魔しません。



alice.jpg


もし良かったら、これも食べて行きなよと、お店から。
Alice (アリーチェ、カタクチ鰯のマリネ)です。
鮮度が良いので、身がプリプリ。
保存食品としての鰯の漬物とはまったく違い、塩分が控えめなので魚本来のおいしさを楽しめます。
絶品です。



alice con pane


一緒に行った「幻の熱血イタリアン料理人」は、やっぱりパンと一緒が旨いと。
確かにそのとおり。



banco_20111028025240.jpg


しかし、どう見ても魚屋さんです。
ご覧のとおり、座るとしてもカウンターのみです。

魚だけを買いにくる、おそらくは常連のお客さんも見かけました。
それにしても魚の鮮度の良さは、素人の私でも一目で分かります。

こんなに新鮮な魚とワインを食べて飲んでも、とても良心的なお値段です。
しばらくは、毎日ここに通うことになりそうです。


行って見たいという方は、↓ クリックを

スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

美味しそうですね、こういう所、フィレンツェには少ないですよね。
なんか、毎日通ってしまう気持ち解りますv-221

Re: No title

ミル

今度一緒に行こう。
プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。