スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロスター AV(アルタ ヴェロチタ)で行くボローニャ 後編

ボローニャ旧市街周辺


ある意味で街のシンボルとも言える、「ボローニャの斜塔」があるところが、旧市街の中心と言われています。



kyuu shigai



なぜ、「ある意味で」と言ったかといいますと、ボローニャ県では「ポルティコ」(街のアーケード)が、真のシンボルだと公表されているからです。



torre di pendente


Torre Garisenda (トーレ ガリゼンダ)

しかし、一般に誤解されるくらい、ここの斜塔は街のシンボルとして、庶民からのコンセンサスを受けているようです。
二塔隣接して建つ斜塔のうち、写真にあるのが、「ガリゼンダの塔」です。
12世紀に造られた当時は、ピサの斜塔(56メートル)よりも高い、高さ60メートルあったと言われますが、倒壊を防ぐ為に14世紀に現在の48メートルにしたそうです。

もう一方の「アジネッリの塔」は、高さ97メートル、同じく傾いています。
入場有料となりますが、徒歩で頂上まで登ることができます。



chiesa di san martino


Chiesa di San Martino (サン マルティーノ教会)

外観が可愛いのです。
ところが、中は広く多くの芸術的作品に出会うことができる教会らしく、見る人にとっては、たまらない隠れたスポットのようです。



chiesa di san giovanni in monte


Chiesa di San Giovanni in Monte (サン ジョヴァンニ イン モンテ教会)

ゆるりとした坂の上に建つこの教会は、わたしは個人的に大好きです。
以前は修道女の集会所として使われていたらしいのですが、資料が少ないため詳細は不明です。

結婚式に素敵なアングルで写真が撮れそうな感じではありませんか。



santo stefano


Santo stefano (サント ステファノ)

5世紀に、司教サン ペトロニウスによって建てられた複合教会。
地元では、7 Chiese (セッテキェーゼ) =七つの教会 と呼ばれ、各様式の教会が中で繋がっています。




piazza santo stefano


サント ステーファノの前の広場です。
冷たい飲み物でのどを潤して、のんびりするには絶好の場所かもしれません。
事実、ここで1時間近くゆっくりとした時間を過ごして、その後街の中心部で買い物をしてから、フィレンツェ行きのユーロスターに乗るため、ボローニャの駅へ。


このユーロスターを使ったフィレンツェからのボローニャ 一日エクスカーションは、予め見所を抑えておけばかなり充実した旅ができるので、皆さんにもおすすめです(勿論ガイドがいれば申し分ありません)。


フィレンツェからの充実のプチツアーに、↓ クリックを

スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。