スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いわゆるダブルネームをフィレンツェで頂く

ふんわり食パン(カルピス®)


ダブルネーム、有名なところではティファニーとローレックス。
先日発表されて思わず食べてみたいと思ったのが、これでした。

山崎パンとカルピスのダブルネーム。



double brand

それを知った友人の K さんが、日本から持って来てくれたのです。
わざわざ、この食パンを日本からです。
まるで、幻のようです。



flavor.jpg

袋を開けると、カルピスの香りが広がります。
夏の爽やかな香りです、氷がカルピスの入ったグラスにあたる音が聞こえてきそうです。



raw.jpg

取り出すと、赤ちゃんの肌みたいに柔らかです。
そして生地がとてもきめ細かくて、ふんわりしています。
お味は言うことありません、乳酸菌を感じさせるところがカルピスとのコラボを得た山崎パンの腕の見せ所。



whole_20110706212732.jpg


「ふんわり」とありますが、それに加えて、とても「しっとり」していて、このまま生で食べるのがおすすめです。
MULINO BIANCO のパンも大好きです。
でも、日本人のわたしは、今年の夏はこれに興奮を覚えました。


おいしい食パンを作る山崎パンに、↓ クリックを


スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本人って本当に器用ですよね。
ごちそうさまでした☆
しばらくあんなにふっくらと柔らかいパンは
口に出来ないだろうなぁ・・・

Re: No title

leo先生

すみません、突然お邪魔してしまって..
プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。