スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公共の機関を利用してモン サン ミッシェルへ行く

パリからモン サン ミッシェルへの行き方



mont st- michel


以前からどうしても行ってみたいと思っていた世界遺産のひとつであります、モン サン ミッシェル。
いろいろ検討した結果、パリ発の混載日帰り観光バスで行くより、TGVと直通路線バスを使って現地で一泊するというプランを立てました。



linea.jpg


パリのモンパルナス駅からTGVに乗り、西方へ Le Mans、Laval、Vitreの各駅を通り、モン サン ミッシェルへの直行路線バスのターミナルがあるRENNES (レンヌ)へ向かいます。



montparnasse stn


朝、8時05分発のTGV に乗るため、駅前のホテルを予約して前泊しました。
パリの中心からですと、当日の朝、移動の際に交通渋滞に見舞われる可能性があるからです。



in treno


レンヌまでの2時間15分過ごしたTGV車内で感じたこと。
フランス人の皆さんは、お行儀が良い。
まず、大声でしゃべることはなく静か、しかも携帯電話で大声で話している人は誰一人としていません。
これは、イタリアではありえないことです。



rennes stn_00


出発、到着時間ともに、ぴったり正確です。
これもイタリア国鉄では、日常的なことではありません...



rennes stn_03


ホームを降りたらまず、このエスカレーターに乗りましょう。
北口を目指しますが、その案内の看板はこのエスカレーターを昇り切ったところにあるのです。



rennes stn_04


エスカレーターを昇り切るとこのようなサインが見えてきますので、Sortie Nord (北口) と表示された方に行きます。
この階には、バールやカフェなので店舗が入っています。



rennes stn_05


今度はせっかく昇ったのですが、北口へは少し下ります。


rennes stn_01


レンヌ駅北口です。



rennes bus terminal


駅北口を出たら右手方向にあるこの建物(駅から見えます)にモン サン ミッシェル行きのバスターミナル待合所があります。
とても清潔なバスターミナルです(有料ですが、トイレも設備されています、2011年6月現在、50セントですので、小銭は用意して下さい)。



rennes bus ticket office


バスの上でもドライバーからチケットを買えますが、時間に余裕を持って来たので、チケットオフィスで購入。
勉強しておいたフランス語がどうにか通じたようで、ウチの奥さんもご満悦の様子。



arrived msm


ピッタリ予定通り正確にバスも出発して、モン サン ミッシェルには所要時間 1時間20分ピッタリで到着しました。
同じラテン系でも、イタリア人とフランス人では、随分と違うものだと感じました。

島に行くひとつ手前の宿泊先のホテルで、バスを降ろしてもらいました。



relais saint michel


ここが今回モンサンミッシェルで泊まったホテル、RELAIS SAINT MICHEL (ルレ サン ミシェッル)。
島から一番近い近代的で、客室も広く、とても良いホテルでした。

島内めぐりは、次のブログに続きます。


次号に期待して下さる方、↓ クリックを


スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。