スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元の人が通う フィレンツェのトラットリア

DILADDARNO (ディラッダルノ)

Via dei Serragli, 108 r
50125 Firenze
TEL : 055 224 917



一度行って、おいしいと感じたところには立て続けに行くのが、わたしの「食道」ですが、今回は友人カップルの方が一枚上手で、先に「また、あそこの店に行きましょう」とお誘いを受けました。
前回わたしのブログを見たという友人、是非こんどはここに行きたいという食道楽者も一緒に参加の今回です。

そこで待ち受けていた前菜とは。



prosciuto crudo


Prosciuto Crudo (プロシュートクルード)、生ハムです。
一口でそのクオリティーの高さが分かります。
全然塩からくないどころか、肉の持つ上品な香りと甘みを感じます。
熟成の良さは、この色を見ても容易に想像できます。




coccoli lighter


Coccoli (コッコリ)
トスカーナの一口揚げパンですが、ここのはオーナーシェフのマンマ直伝の手法によるもの。
表面カリッ、サクッと来て、中がモチモチでホクホク、軽く振られた塩とのバランスがすばらしい。
フレッシュな脂で揚げているから出来るのでしょうね、この味と仕上がりは。




stracchino.jpg


Stracchino (ストラッキーノ)
ラードではありません。
とっても柔らかくクリーミーな、熟成をさせていないフレッシュチーズです。
これだけでもおいしいですが...




coccoli misto


これら3つをフォークでサンドにして、ワインのつまみに...
前菜でお腹が一杯になってしまうほどの勢いです。


ここにいらっしゃる機会があれば、ある程度まとまった人数で来ることをお勧めします。
日本人なら一口どの皿も食べてみたくなるようなものが多いからです。




pappardella alla cinta senese con salvia fritta


Pappardella alla cinta senese con salvia fritta 
(パッパルデッラ アッラ チンタ セネーゼ コン サルヴィア フリッタ)
この平らのパスタは、粗挽き肉と細かく切ったトマト、人参などの野菜にパンナを絡めたソースでいただきます。
上に載ったサルヴィアのフライが香ばしく、風味にアクセントを加えています。




lampredotto con carciofi


Terrina di lampredotto ai carciofi (テッリーナ ディ ランプレドット アイ カルチオーフィ)
牛の4番目の胃袋、ランプレドットをカルチョーフィと小鍋で煮込んだもの。
カルチョーフィがランプレドットとこんなにも合うとは知りませんでした。
やや塩分が強かったのは、いかにもフィオレンティーナ風で逆にそれっぽく良かったです。
トスカーナの無塩パンと一緒に頂きました。


ワインが進む中、セコンドからは次回の後半へ。


後半も見てくださるという方、↓ クリックを

スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2011年7月16日予約すべく電話しましたが普通でした。楽しみにしておりましたが店を閉められたのでは無いでしょうか?

No title

普通ではなくて不通でした。
美味しそうだったので訪問したかったのですが、残念でした。

Re: No title

vin さん

ああ~、残念でしたね。
お店は開いています。
コメントを頂いたので、たった今、電話をしてオーナーと確認しました。
因みに、夏季休暇は、8月13日から28日だそうです。

私も先日、

行こうと思って電話しましたが、誰も出ませんでした。(週末以外は、結構大丈夫だとは思いますが)電話が、入り口にあるので、接客に忙しいと、出る人がいないんだと思うなぁ。。月曜は定休日ですよね。また行きましょう!

Re: 私も先日、

M先生

お店から頂いた携帯電話に連絡をして確認しました、やってます。
Cと直接確認取りました。
はい はい、行きましょう、楽しみです、M先生との外食は。

でも、先日行ったビールがおいしいくて、肉もおいしいあの店もすごく魅力的です。

あ、

定休日は、日曜日に変更になったそうです。 日曜の方がお客が少ないので。(Sがお喋りしてた常連さん、毎日曜来る、って言ってたけど。。どうづるのかな) 

Re: あ、

M 先生

ああ、そうですかぁ、了解です。

No title

こんにちは、はじめまして。
いつもブログを拝見させていただいております。

この夏にフィレンツェへ旅行することになり、かねてよりスーパートスカーナ様のお勧めになる美味しそうなレストランの数々を少しでも試してみたく、
なかでもこちらのお店に是非行ってみたく、予約しようとしていて気がつきました。

こちらのお店、電話番号がトリップアドバイザーやグーグルマップの電話帳と違っています。
Da Carlino Diladdarno
Via dei Serragli, 108r, 50125 Florence, Italy
055 225001
となっておりますが、住所は同じですし、こちらで間違いないでしょうか。

初コメントで長々と質問をいたしまして申し訳ありません。
お答えいただけると助かります。よろしくお願いいたします。

Re: No title

たまこさま

コメント頂き有り難うございます。
また、いつもブログをご覧いただいているとのこと、嬉しい限りです。

電話番号は、お店の名刺に書いてあるものを掲載していますが、殆ど電話には出ないと言っていました。
予約もしなくていいよと、オーナー談(笑えますが、本当です)。
もし、心配であれば彼の携帯電話の番号をお知らせしておきます。
オーナーシェフ = Christiano (クリスティアーノ) 338 744 2484
言葉に壁がありましたら、私の携帯電話番号をお知らせしますので、メールアドレスをお知らせ下さい。
私から予約等の連絡をして差し上げます。

因に、今年の夏休みは、8月13日から同23日だそうです。

他にお知りになりたいことがありましたら、メールアドレス supertoscana@gmail.com へ直接お問い合わせ頂いても結構です(コメントをくださった方には、いつもこのようにしています)。

また、こちらもご興味があれば、ご覧下さい → http://mixi.jp/view_community.pl?id=5724101
プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。