スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンチェッタを見逃さないで!

PANCETTA FRESCA (パンチェッタ フレスカ) の塩豚



パンチェッタ フレスカ、つまり生ベーコンです。
これがまた曲者で同じところで買っても、赤身の殆ど無い真っ白な脂身だけの時もあれば、いい具合に赤身と脂身が入ったものが手に入る時もあります。

脂身を嫌うイタリア人は基本的に脂身の付いた肉を嫌うためか、このパンチェッタの値段はとても安く、これも1キロ当たり、日本円にして300円ほどです。



material_20110423195338.jpg


そこで、そこそこいいパンチェッタを見つけた時は、何パックもまとめて購入します。
そしてそれを 「塩豚」 にするのです。
用意するのは、買って来たパンチェッタと塩だけです。
わたしは、韓国製の Qi パワーソルト を使います。




1st.jpg


サランラップを敷いてそこに塩を撒きます。
Qi パワーソルトは、とても粒子が細かく満遍なく行き渡るのと、独特の香りがほのかに豚肉に染み渡ります。
但し、普通の塩に比べるとかなり高価です。




2nd.jpg


肉を重ねていきますが、間に同じように塩をパラパラと振り挟んでいきます。
満遍なく振っていくのが唯一のコツです。




wrapped_20110423202625.jpg


このくらいをワンポーションとして、空気がなるべく入らないようにラップアップします。
あとは、冷蔵庫で保存をするだけです。
3~4日もすれば、塩豚の出来上がりです。

こんなに簡単なの事で、肉が柔らかくなるばかりか、味が熟成されて驚くほど洗練された味になります。
そして、何ににも応用が利いて便利です。


パンチェッタの応用利用に、↓ クリックを

スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。