スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日のサンタクローチェ広場で

LANCIA STRATO’S HF (ランチア ストラトス HF)



初夏を思わすフィレンツェの土曜日の午後、友人の日本人鉄人シェフ みっちゃんから電話があり、サンタクローチェ広場でスゴイ車が集まっていると現場から情報提供があり、早速カメラの準備をして出かけました。




wide.jpg


あるチャリティーイヴェントで集まっていたクルマでした。
車種も年代も全然バラバラですが、こういう方がクルマ好きには嬉しいのです。
それにしても左から二番目のフェラーリ F40は、地面を擦ってしまうのではないのかと心配してしまうほどの車高です。

フェラーリの40周年記念の際に作られたこれは、バブル期には4650万円のディーラー価格が、世界中のフェラーリディーラーに注文が殺到したため、プレミアが付いて2億5000万円ものプレミアム価格が付いたこともありました。




migi naname kara


集まっていたクルマの中で、一番わたしを惹きつけたのがこの一台です。
ランチア ストラトスHF、エンジンはフェラーリ製で、これはディ-ノ246GTと同じものが積まれています。
WRCのラリー競技仕様で、当時のスポンサーであるアリタリアの大きなロゴがペイントされています。



hidari naname ushiro


カッコ良過ぎです。
勿論これはラリー仕様ですが、1974~1975年のクルマとは思えない大胆なデザイン。
市販車でもラゲッジスペースは、後部に搭載されたエンジン後端寄り上部のトレー、そしてドアポケットくらいのスペースしかありません。
BERTONE社のデザインです(デザイナーは、マルチェロ ガンディーニ)。



hidari side


この横のラインはたまりません。
また天井のエアインテークもなんとも競技の厳しさを感じられます。




rear_20110412072248.jpg


そして、このリアー。
この丸目がなんとも愛嬌があるのです。




tire.jpg


極太タイヤを被うオーバーフェンダーもまた迫力です。




sterling.jpg


実は、いつかは手にしたいと思う大好きなクルマです。

このクルマだけでも一時間程時間をかけて柵の外から写真を撮っていたら、ここを管理していたスタッフが、写真を撮るために特別に中に入っても良いと言ってくれたのです(イタリアって、こういうところがいいのです)。
コックピットの写真も撮らせてもらいました。


最近フィレンツェでは、ミケランジェロ広場以外でもこのような催しがあるので、クルマ好きにはたまりません。


クルマ好きの方は、↓是非 クリックを


スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。