スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ散歩 2

CAMPANELLO (カンパネッロ)


フィレンツェの街の中心部は、歴史的な街並みがタイムスリップしたように見事に保存されていて、ルネッサンスの芸術、文化を随所で目の当たりにすることができます。
ちょっと注意を払って街を歩くだけで、ちいさな感動の連続も楽しむことができます。



DSC07237.jpg


見方次第でとても街歩きが楽しくなります。
これは、街の中心から見たユダヤ教寺院(シナゴーグ)、異国情緒溢れていてイタリアンな感じがしませんね。




middle_01.jpg


たとえば、これなんかも...
扉に向かって右手にある鉄でできた環が付いたオブジェは?




close_01.jpg


近くで見るとこんな様子。
実は、ちょっとだけ引っ張ってみちゃったのですが、首のところが浮いているように見えませんか。
これをさらに、「ぐい~っ」 と、引っ張ると。




bell.jpg


その先が建物の中にワイヤーでつながっていて、ベルに届きます。
そうなのです、呼び鈴なのです。

もともとはよく見られる、環の部分を軽く持ち上げて 「コツッ コツッ」 と叩いて呼び出していたものの発展系?
これが設置されている家屋は少なく、おそらくはある程度お金持ちのお屋敷で使われていたように思われます。

写真にあるように、その右手にはインターフォンが使われていますが、昔のものもしっかり残されているのが、この街の素晴らしいところです(文化遺産を守る意味で、法律で維持することが義務付けられています)。


ルネッサンスの温故知新に、↓ クリックを

スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんな呼び鈴があったんですね。今度探してみたいと思います。でも、見つけたら興味本位で鳴らしてしましそう。でも今は鳴らないんでしょうけどね。

Re: No title

italianinitalyさん

見つけたら鳴らしてみたいと言う気持ちわかります。
でも、「イタリア版ピンポンダッシュ」はイケません。
プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。