スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェのオリエンタルフードショップで

TANG(タン)のマンゴージュース


フィレンツェのオリエンタルフードを取り扱うお店で見つけたTANG。
ティーンエイジャーの頃アメリカで飲んだ果汁の入っていない、フルーツフレーバードリンク。

更に遡れば、昭和の時代に飲んだいわゆるコンクジュース。
あの安易でノスタルジックな味が懐かしく感じて、定番のオレンジと初めて見たマンゴー味ですが、好奇心を抑えられずに購入です。




bag_20110405083044.jpg


期待通りの軽薄なお味のオレンジ フレーバーを楽しんだ後、初めて見つけたマンゴー フレーバー。
バカンスでエジプトに行くようになってから、マンゴーがすっかり好きになってしまったわたしたち夫婦。

もともと東南アジア原産ですが、エジプトのマンゴーは美味しいことで有名なのです。
本場の味は分かっているつもりですので、期待はしていませんがワクワクします。

こちらはタイ製で、成分表を見ても果汁は一切使われておらず人工的なもので出来ているようです。




powder.jpg


袋に書かれている説明書に従って、グラスにスプーン一杯のTANGを入れます。
あとは水を注いで、全体に溶け渡るようによくかき混ぜます。




drink.jpg


これで出来上がりです、マンゴー ジュース モドキ が。

ところが、一口飲んでびっくりしたのは、のど越しからむマンゴーのネットリ感が本物にとても似ているのです。
いや、果汁からできているものだと言われて出されれば、人によってはそのつもりで有難く飲んでしまうかもしれません。
さっそくウチの奥さんにも試させましたが、騙されこそしませんでしたがやはり驚いていました。

一袋、2リッター(今は500㏄の増量キャンペーン中)、お店にも寄りますが、だいたい1.50ユーロ以下で販売されています。

本物のマンゴージュースを知っている方には、逆に遊び感覚で特にお試し頂きたいです。


ちょっとリアルなタイ製のコンクジュースに、↓ クリックを

スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。