スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ 旅のヒント 2

フィレンツェ ペレートラ空港 (アメリゴ ヴェスプーチ空港)



大々的な改装工事もそろそろ落ち着いてきた、フィレンツェの小さな国際空港。
最近の様子を見てきました。



tax refund


まずは出発をされる方の情報として。
タックスのリファンドの手続きは、チェックインをする前にこちらで。
向って右側の窓口で、免税の書類にスタンプを押してもらいます。
続いて、左側の窓口で申告をすれば現金を受け取れます。



fila in az


アリタリアのカウンターは、2階にあります。
機内預けのラゲッジは、最大20キロだったものが緩和されて23キロになっていました。




misura_02.jpg


手荷物に関しては、重さは最大8キロで、ここに入る大きさまでとされています。



cinese.jpg


これら基準を無視して大量の荷物を詰め込んだ中国人が、カウンター前で荷物を開け広げて手荷物と機内預けの荷物とのバランスを仲間同士で取り合います。

これによりチェックインの流れは、かなり妨害されるので、早めにチェックインをされる事をお勧めします。



peso.jpg


なにしろ、超過料金の取立ては、かなり厳密かつ高額なのです。



guruguru.jpg



以前こちらのブログでも紹介した荷物のラッピングサービスですが、一つ当たりの料金が値上がりしていて、9.90ユーロになっていました(空港に行くたびに値上がりしているような印象です)。
2階アリタリアカウンターの前にもありましたが、今は1階の一般チェックインカウンター前だけになりました。



bicilretta.jpg


愛想の無いバールでは、プラスチックのカップに入ったカンパリソーダの白ワイン割りが、2.70ユーロ。
モノポライズされている割には、まあまあの値段かもしれません。




taxi.jpg


到着をされた方でタクシー利用の際は、ゲートを出て右手に行くとタクシー乗り場があります。
フィレンツェ市内であれば、固定料金で20ユーロです(荷物をトランクに入れると一つ当たりが1ユーロ追加されます)。




basu stop


空港と街を結ぶシャトルバスの乗り場はタクシー乗り場のすぐ近くです。
直行でサンタマリアノヴェッラ駅まで行きます。
とても時間に正確で、30分毎の運行します。
こちらは、5ユーロで運転手からチケットを購入できます。


とにかく中国人が多く、マナーが激しく悪いので気分を害されると思いますが、これも時代の流れでしょうがない事なのでしょうか...


小さな国際空港の豆知識に、↓ クリックを

スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。