スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お米さん

お米さん

イタリアはRiso (リゾ、米) が豊富で、色々な種類のお米を選ぶことが可能です。
お米の形、色なども多様ですが、やはりRisotto (リゾット) や サラダにするところからして、日本のそれとは基本的に異なります。

これは市場での測り売りです。

DSC04034.jpg


スーパーマーケットで買う時は、Esselunga (エッセルンガ) というところの 「ローマ米」 がいちばん私たちの口に合っていました。

DSC01676.jpg


しかし、これ ↓ を食べたら、もう他は食べられません。
それが、「お米さん」 です。
米の産地としてイタリアでは有名なピエモンテ州で日本人の方が、作っていらっしゃると聞いています。

okomesan_1.jpg

5キロパックのものを100キロ単位で、直接生産者から買っています。
そうすると値段も小売店で買うより遥かに安いのです。

DSC07404.jpg

見た目の特徴は、てかてか光っていてプックリとしている点です。
食感が滑らかで本当にオイシイです。

美味しく食べるコツとしては、まずお米は絶対に研がず、洗ってあげる程度にすること(2回で充分)。
2合炊きの場合は、お水が470ml程度でまずは強火で炊き始めます。
ぐつぐつと沸騰してきたら、一気に弱火にして、そこから20分炊き込みます。
火を止めた後は、少し蒸らすとより美味しいようです。
スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

鍋炊きに慣れるとなんとも楽ちんで、
しかもおいしい!v-371
お米さんは炊きたてはもちろんのこと
冷えても、解凍しても食べても
おいしいですよね~。Viva お米さんv-315
これに、生卵v-532やキムチv-505があれば
生きていけますね!
たまのピータンと。

最近は

玄米なので、お米には困らないのですが、そうでしたね、イタリアは生卵を食べても大丈夫なんでしたね。

イギリスは、サルモネラ菌が怖くて食べられません(^_^;)

No title

はじめまして。MIXIからとんできました。
こちらもフィレンツェ在です。

このおコメ、いったいどちらで手に入るんでしょう。。。生産者の方から直接なんですよね。あたしもsupertoscanaさんと同じく現在はEsselunga米なんですけど(4月に日本から持ってきた5kgのおコメが無くなってしまったので。。。笑)パッケージもなかなかステキですよね。

教えていただけたら嬉しいです。

No title

leo 先生

ですね、鍋炊きは慣れたらこっちの方がオイシイですよね。
しかし、最近の日本のハイテク炊飯器はスゴイみたいです...

たまのピータンですね。
最近、手に入りにくいのです。

多分...

私は、食べちゃいます。
おなかこわしても、美味しいモンなら食べちゃう人なんで。
バカでしょ、でもサルモネラ菌の事は昔から言われていても、食べちゃいます。

でも、イタリア人は生卵は食べないですよね、豚肉はレアで食べても。
イギリス人も生卵は食べなかったように記憶しています。

昔、ランボーの映画の中で、シルベスター スタローンが一度に何個もの生卵を割って一気に飲むシーンがありましたが、アレの為に彼のギャラが驚くほど上がったそうです。
それだけ西洋人は、生卵を食べる習慣がない(嫌いな)ようです。

チェントロで買えます

yossy さん

ご訪問ありがとうございます。
チェントロですと、VIVI MARKET に行けば手に入ります。

住所は、via del Giglio 20/22r です。
この通りは、via Panzani を挟んでサンタマリアノヴェッラ広場側とサンロレンツォ側に分かれていますが、VIVI は サンロレンツォ側です。
お米さんは人気があるらしく、売り切れの事もあります。
プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。