スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ の隠れた見どころ

MUSEO DI PALAZZO DAVANZATI
(ムゼオ ディ パラッツォ ダヴァンツァーティ)


Via Porta Rossa 13
Firenze 50123
Tel : 055 238 8610


実は、フィレンツェの美術館の中で私の一番のお気に入りがここです。
時空を超えた、タイムマシーンのような楽しみ方ができるこのおすすめのスポットは、一般の団体旅行では、私の知る限り紹介されていないようです (それには理由があるのですが)。
全部お見せしてしまうと実際いらした時の楽しみが減るので、一部を紹介します。


DSC03415.jpg

14世紀の富豪の邸宅が、そのまま保存されている貴重な 「中世邸宅美術館」 です。


DSC05464.jpg

今回私の撮った写真の印象をはるかに上回る部屋の大きさと迫力を、是非実際に訪れて感じて欲しいです。


DSC05466.jpg

例えばこれが寝室。
14世紀に画かれたフレスコ画が、当時の寝台と一緒に今でもそのまま残されているのです。
フランスのロマンス物語のシーンをモチーフしたものが描かれているそうです。


DSC05467.jpg

バスルームです。
ここでは、殆どの寝室にバスルームが設置されています。


DSC05470.jpg

そして、その脇にあるトイレ。
凄いです、当時の便器がそのままの状態であるとは...


DSC05472.jpg

つるべ井戸は、バケツで各階に配る事ができるようになっています。
その当時、個人の邸宅で、このような個人専用の設備は、本当に贅沢だったようです。
つまり、一般の人たちは公共の泉へ汲みに出なくてはならないところ、ここでは邸宅内にこのような施設があったわけです。
また、厨房は煙や匂いが立ち込めないよう、建物の最上階に設置されるなどの工夫がされているところも興味深いです。


open  close

一般公開は、08:15 から 13:50 (最終入場は、13:30)

但し、ここからが要注意です。
毎月の 第1、第3、第5 月曜日、第2、第4 日曜日、元旦、5月1日 (メイデー)、12月25日 (クリスマス) はお休みです。
他には無い休館日のとり方が、量産の日本人団体旅行では組み立てにくい観光スポットなのでしょう。

スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あぁぁ。見たいです、そこ。

また行かなくちゃ~、FIRENZeeeeeeeeeeeeeeeeE!

Re: No title

かおりさん

是非いらして下さい。
当時の生活をリアルに感じられるレアな場所です。

No title

ブログではお久しぶりです!
確かここは入場無料でしたよね・・・・
タイムスリップしたような感じがいいですよね。

Re: No title

leo先生

お久しぶりです、ブログでは...
ところが入場料金が、去年の11月からかかるようになりました。
今日現在、一人2ユーロです。
プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。