スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ の愛すべきトラットリア

地元に愛されている食堂
Trattoria da Benvenuto (トラットリア ダ ベンヴェヌート)

Via della Mosca, 16r (ang. Via de' Neri)
50122 Firenze
Tel :  055 214 833


ハッキリ言って、無理せずにオイシイです。
ミシュランに載るようなレストランではないので、あえて 「食堂」 と表現させて頂きます。
値段と、食の質、サービスのバランスがとれた、長く付き合いたくなるような食堂です。
実際、ここに30年通っている友人に紹介されてきましたが、ここの食の居心地に惚れました。


trattoria da benvenuto_inside

店内は、地味ではありますがとても清潔で心地良いです。


trattoria da benvenuto_antipasto toscana

前菜には、トスカーナ風のプロシュートが運ばれます。


trattoria da benvenuto_afmicato misto di pesce

私は前菜にあえて魚の燻製を頼んでみました。
サーモン、太刀魚、マグロの燻製にレモンを搾りかけて、さらにその下にスライスされたルッコラと一緒にいただきます。
あらかじめ振られた、香りの良いオリーブオイルととても良いバランスで、驚くほど美味しかったです。


trattoria da benvenuto_spa vongole

パスタは、やや固めに茹で上げられたスパゲッティーニです。
写真では、分かりにくいと思いますが、結構な量ですので日本人には二人分かとも...
トマトがソースではなくて、微量の玉を砕いて使っているところがここの良いところ。


trattoria da benvenuto_filetto con tartufo


いつも、ウチの奥さんとは別のメニューを注文してシェアーするのですが、ここでは両者譲らずこの同じメニューを注文しました。
牛フィレ肉のトリュフのスライス添えです。
フィレ肉は分厚く、程好いレアーで仕上げられ、その上にはシャカシャカとスライスしたトリュフが。
よけいなことは言いません、ウ マ イ です。


R0012672.jpg

揚げ物がまた美味しかったです。
付け合せででてきたカルチョーフィのフライなんかは、これと白ワインでも極上楽しめます。
フィレットのトリュフ ソースを絡めて食べてたら、あまりの美味さに満腹感を喪失しました。

trattoria da benvenuto_entrance


日曜日は、お休みです。
スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一見・・・入り口が昔の映画館・・・もしくは喫茶店を思い浮かべてしまった(笑

プロシュートは写真の大皿そのままに・・・ガバっと食べたいですな・・・w

でも、、、Italianって私は食べると太ってしまいますがどうです?

太りませんか?

No title

魚の燻製美味しそうですねv-238
最近燻製やってないんで久しぶりにやってみようと思いますv-271

No title

牛フィレのトリュフ添えおいしそうですねぇぇぇぇ!
ボローニャ近郊に住んでいて月1くらいでフィレンツェへ行ってます、毎回ご飯どこで食べるか迷うのでこういうおいしいお店情報すごい貴重です。
次回こちらのお店へ行ってみようと思います!
毎回のレストラン記事に1人あたりの平均予算の記載もあるとなおありがたいでーす、とリクエスト。

Re: No title

よのちゃん

じつは、あまりイタリアンは食べないのです。
和洋折衷というか、和韓ですね。

Re: No title

ペンネさん

魚の燻製、ホントにおいしかったです。
下に潜んでいるたっぷりのルーコラと一緒に食べるのがゴキゲンです。

Re: No title

kanameさん

ご訪問、コメントを頂き、ありがとうございます。
フィレットのトリュフがけは、18ユーロでした。
他は、憶えていませんが、極めて良心的な値段だったと記憶しております。
ホントに食べ心地の良いトラットリアです。
プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。