スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスタは天才 85

カルボナーラは難しい


初めてイタリアに来た際に、友人のナポリ人が、カルボナーラを作るので教えてあげると言って、彼女のキッチンに入れてもらいました。

「茹でたパスタと、絡める卵の温度が大切だから」 ね、とアドバイス。
出来上がったカルボナーラは、見事な「そぼろ状態」で、本人も認める典型的な失敗例。

とりあえず、黙って食べました...



conad spaghetti


近所の庶民的なスーパーで見つけた、プライベートブランドのスパゲティ。
なんとこれが、500グラムで、40セント(日本円で約50円くらいかな)。
ちょっと試しに買ってみました。



cottura 8min


スパゲティにしては、細いような気がしましたが、茹で時間は8分。
麺の特徴は、つるつる麺でコシがあるというのが自慢のようです。



spaghetti alla carbonara


100グラムのパスタに対して、卵一つでちょっとパンナ(生クリーム)を入れて絡ませようと思ったのですが、麺にうまく絡みそうになかったので、慌てて卵をもう一つ追加。
そぼろ状にならなかったのは良かったのですが、温度が低かったせいでしょうか、それでも麺にまるで絡まない。
つるつる麺だからというのもあると思います。

因みにパンチェッタを入れるのも忘れています。



panna.jpg


そこで、納得のできなかったわたしは、パンナだけで新しいソースを作ることにしました。
フライパンでパンナを煮詰める寸前まで暖めて、茹で上げたパスタを入れ、中火でフライパンを返しながら絡めます。



panna con pepe e aglio



濃厚な生クリームが絡んだパスタは、自分でも唸るほどゴキゲンなお味でした。
それには、一生懸命作って失敗したカルボナーラとのギャップもあったのでしょうが...



pepe e aglio


しかし、仕上げに振りかけた 「コイツ」 、にんにくの心地よい風味と唐味のパンチで〆てくれました。
わたしの愛用の相棒です。


いろいろ調べた統計によると、日本人の一番好きなイタリアン パスタ(つまり、納豆や明太子スパゲティなどは除く) は、流行などを含めて変化するものの、カルボナーラが常にトップを占めているそうですね。

料理人泣かせ...


パスタ好きの方は是非、↓ クリックをよろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして! 
イタリア旅行前にブログを参考にさせていただきました。
このペペロンチーノパウダーをスーパーで見つけ買ったのですが、よろしければおすすめの使い方を教えてください。

No title

あいあいさん、

ご訪問ならびに、コメントを頂き有り難うございます。
わたしは辛いものと、ニンニクの組み合わせが好きなので、結構万能調味料として使っています。
これとオリーブオイルを加えれば、それだけで、アーリオ、オーリオ エ ペペロンチーノができますよ。
プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。