スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トスカーナの好物

Fagioli Bianchi (ファジョリ ビアンキ)


白いんげんです。
トスカーナ料理では、欠かせないとまで言わなくとも、フィレンツェ人のお気に入り食卓の定番です。
実は、わたしも大好きで、ほとんど毎日食べています。

ところが、いつも缶詰のもので良いのかということに疑問が生じ、自分で作ることにしてみました。


faglioli in soak


時間はかかりますが、手間は掛かりません。
まずは、買ってきた白いんげんを水で洗います(というより濯ぐかんじです)。
そして浸水させます、これが8時間...

その後、火をかけます。
沸騰してからは、弱火にして90分(今回は鉄鍋を使用、圧力鍋なら30分で良いそうです)。



long_20130125005616.jpg


できあがりです。
失敗のしようが無いといった感じです...

しかし、驚くくらい缶詰とは全く違うお味です。
まず、炊き上がって蓋を開けた時の 「湯気の甘香り」 が、子供の時の家庭のにおい。
口に含んだ時の豆の味と香りは、缶詰とは全く別物です。



long w olio


香りの良いオリーブオイルをたっぷりかけて、いただきます。
かる~く、塩を振っても良いですが、できればそのままの幸せな味を楽しんで欲しいと思います。

確信したのは、今度レストランで食べた際には、自家製か缶詰かはすぐに分かるということ...


おまめさんってニクイねってという世代は、↓ クリックを

スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。