スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドリア海から今年最後のR

生牡蠣か、焼き牡蠣か


年末も押し詰まり、近所のスーパーマーケットに食料を中心とした買出しの際に発見をしたのが、大好物の生牡蠣でした。
子供の頃から、父に牡蠣がおいしいのは、「英語の綴りで最後にERで終わる月だ」 と、教えられていたので、やはり12月最後のこの機会を逃すまいと、迷わず購入です。



a box


1キロ当たり、4.40ユーロというお買い得価格だったので、ショーケースにある分全部頂きました。
大晦日のフェスタには、ぴったりかなと。
アドリア海で獲れた物と言っても、勿論養殖ものだと思います。
牡蠣に関して言えば、天然ものは ある根拠があって一般的に言っておいしくないのだそうです。



dozen.jpg


天然もので、この大きさはまずないと思います。
長さが、15センチを超えるものもありました。



just opened


専用の牡蠣オープナーを使って剥いていきます(しばらく使っていなかった...)。

先ずは、生で。
海のミネラルをいっぱい含んだお味は格別です。



conchiglia.jpg


あっという間に平らげていきます。
しかし、このままで終わるのもつまらない、食の欲望が頭の中で暴れています。
牡蠣ごはん、牡蠣のタリアテッレも考えたのですが、もう少し簡単に遊べるもの...



in the oven


オーブンで焼き牡蠣に。
汁がもったいないので、アルミのシートを敷きます。



heated.jpg


殻が数ミリ開いたくらのところで、オーブンから取り出します。
香りがとても良いというか、いてもたってもいられないくらいの魅力的な磯の香りです。



done_20130105183404.jpg


レアーな仕上がりのところに 「ゆずスコ」 を(ちょっぴりだけ)ブレンドした 生醤油を垂らして頂きます。
香り立たせるのが目的なので、身が固くなるような火の入れ方をするともったいないと思います。



conchiglie_20130105192942.jpg


そしてこれもあっという間に...

生でも、焼いても、同じものなのに本当に違った楽しみ方が出来て、とても満足でした。
今年も一年間、頑張ってくれたわたしの 「肝臓」 に感謝の意を込めての牡蠣三昧でした。


でも、肝臓の癒しには、牡蠣も良いけど休肝日と思われる方、↓ クリックを

スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。