スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ Gucci (グッチ) のこと

Roberto Gucci (ロベルト グッチ)


意外なことに、日本ではこのポピュラーなイタリアのブランドが、いまだにグッチファミリーの経営によって運営されていると思っている人が多いらしいです。
ところが、三代目当主である Roberto Gucci (ロベルト グッチ) 氏が、1993年にはすでに所有権を手放して、一族を中心に新たなブランドを設立して運営を始めました。


gucci storia_front

ここは、既にグッチファミリー以外の資本運営下に。
でも、お客様への対応は、超一流です。


gucci stori_bag

私も大好きで、愛用しています。


gucci storia_store

新しいブランド、「ハウス オブ フローレンス」 を立ち上げて間もなくの頃、ある仕事のきっかけからロベルト氏と家族経営陣と直接お話をする機会を得ました。
その時、日本で言う著作権法のような制約から、彼らのブランド 「ハウス オブ フローレンス」 では、一切Gucci の名前が出せない為、販売の世界進出においてかなりの苦戦を強いられている旨を聞かされました。

それでも、彼の邸宅に招かれた時に城のような建物と広大な敷地を目の当たりにして、かつては1千億近い財産を築いたファミリーの底力を肌で感じ、驚愕したものです。

数年前、あるエノテカ (たまたま彼も通い付けだった)で会った際にも、屈託のない赤ら顔で挨拶をしてくれたその三代目ですが、ひっそりと3週間ほど前に亡くなったと聞きました。

大きな報道もなくなんだか、寂しい気がした次第です。
スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブランドのファミリー企業はほとんど崩壊しましたね。

グッチとフェンディーは母親が好んで購入してたブランドなので昔から馴染みがあります。
そのお陰で中学からブランドに走る羽目になりましたが・・・(汗

2年ほど前、青山のグッチへバンブーのキーホルダーを買いに行き店内の客層を見て驚嘆しました。
まず・・・キーホルダー一つ出して貰うのに・・・30分です。
店内は歩く隙間が無いほど・・・グラデーション・サングラスをかけた若者でごったかえして居ました。
あぁ~・・グッチってこのポジションなんだと・・・感じ購入せず店を出たのを覚えてます。

No title

何年か前に日本でもTVで紹介されていました。
同族経営は会社が大きくなるといろいろ難しくなるみたいですね。

Gucciに限らず・・・。

三代目がお亡くなりになっていたとは知りませんでした。
日本では全く(多分)報道されてませんでしたから・・・。

大きな企業グループの傘下に入ると、ビジネスも飛躍的に大きくなるけど
その反面失われるものも多いですね。

グッチも昔の方が職人気質が残っていて良かったなぁ~。
ボッテガ・ヴェネタもこのグループの傘下に入ってから
華々しく広告して、一躍セレブ(笑)ブランドの仲間入りしましたが
戦略臭が強くなって残念です。

イタリアの老舗ブランドはそんな事しなくても
素晴らしいモノを作って来ているんだから
そこを大切にして欲しい~!
ファッションビジネスの流行廃りに巻き込まれて欲しくないです。

Re: No title

よのちゃん

フェラガモも時間の問題かと...
あのファミリー、ケチでしまりやだからそう簡単には潰れないか...

Re: No title

> 何年か前に日本でもTVで紹介されていました。
> 同族経営は会社が大きくなるといろいろ難しくなるみたいですね。

JUNさん

あのテレビ番組が煽って、一時期ハウスオブフローレンスが注目された洋ですが、完璧に潰れてますね。
なにしろ、デザインが最悪ですから...
生前 ロベルト グッチ に訊いたことがあるのですが、なんで像がモチーフされているのって?
そしたら、大きくて、強さの象徴だからって言うのです。
でも、高級ブランドとして売るには、チョット...
あれは、彼の奥さんがデザインしていたんですよね。
だから、誰も何も言えなかったんだと思います。

Re: Gucciに限らず・・・。

yuqui さん

私も、亡くなってしばらくして伝え聞きました。
こっちでは、テレビでも報道されたようですが、大きく取り上げられたと言う事はなかったようです。

私は、ファッションのことは良く分かりませんが、yuqui さんのおっしゃるような事は、他の人からもよく耳にします、経営が移行してからのグッチは全然違うって。
職人気質が抜け殻みたいになっちゃったらしいですね。
プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。