スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ から韓国料理を食べに行く

Hana Ristorante Coreano (韓国レストラン ハナ)

Via Lecco 15、
20124 Milano
Tel : 02 2952 3227


フィレンツェにも本格的な卓上ロースターが設置された焼肉レストランもでき、今年は韓国食材のお店もできて、食に幅が広がったことにとても満足しています。
でも、残念な事に韓国レストランはないので、食べたい時はローマかミラノに行く事になります。
そんな中で、ミラノに赴任していた時から結構気に入っているのが、ここです。


hana milano_namuru set
韓国と同様のサービスの仕方で、いくつもの前菜が運び出されてきます。
従業員は勿論みんな韓国の人で、この日も我々を除く他のお客さんはみんな韓国人でした。
ハングル語が飛び交って、気分も盛り上がります。


hana milano_yukke
まずは、ユッケでしょう。
よ~く、具材をかき混ぜてから、頂きます。
よく冷えたお肉に甘みがあって、絡まった細切りの梨がその肉を柔らかくする役目があるそうです(よのちゃん談)。


hana milano_purukogi
ブルゴギ。
薄くてところどころ穴の開いた銅鍋で焼いていきます。
適度に脂が落ち、また野菜と一緒なので、味のバランスも良いです。


hana milano_butabara
豚バラ肉。
本場韓国では、牛肉よりも豚肉を焼いて食べる事の方が多いようです。


hana milano_buta grilling
分厚い石の上で、ゆっくりと焼いていきます。
お店に人が焼いてくれるので、全てお任せにします。


hana milano_negi kimuchi
豚バラ肉には、用意された唐辛子味噌を絡めたネギと一緒にいただきました。


hana milano_kimuchi
キムチと韓国焼酎の眞路(ジンロ)で一杯というのは如何でしょうか。


清潔な店内に加え、店員さんもとても親切なので、日本人の方にも安心しておすすめできます。
また、フィレンツェからは今では、ユーロスターが高速化したので、日帰りも可能です。
但し、車内での口臭にはご注意を...

日曜が定休日だそうです。
スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

キムチの色合いからすると・・・北朝鮮系の料理かな?

豚バラのサンギョッサムは今、韓国で凄く進化してます。

普通に食べても美味しいですが・・・色んな味付けがあるみたいですよ。

日本ではその内・・・イベリコのバラが出てきたりして・・・w

Re: No title

> キムチの色合いからすると・・・北朝鮮系の料理かな?
>
> 豚バラのサンギョッサムは今、韓国で凄く進化してます。
>
> 普通に食べても美味しいですが・・・色んな味付けがあるみたいですよ。
>
> 日本ではその内・・・イベリコのバラが出てきたりして・・・w
よのちゃん

以前、ローマの韓国レストランに行った時に、突き出し(タダの)キムチと別売り(つまり有料)のキムチが、全く別物でした(女将もハッキリそう言ってました)。
それで今回ここでは、「ポッサム キムチ」 を頼んだら、「ない」 と言われたのですが、やっぱり北にはないのでしょうかね...

そうそう、サンギョッサムですね。
韓国のレストランでは、牛肉は置いてなくて、これしかないところも沢山ありました。
勿論、専門店に行って臓物系も堪能しました。

No title

韓国では基本的にホルモン系と赤身系と豚系、鳥系の焼き肉は分かれてまして日本の様な焼き肉屋は反対に後からマネをしたんです。

そもそも・・・韓国の焼き肉と言う名称ではプルコギ(すき焼き風)しか昔は無かったと覚えてます。

赤身の焼き肉屋にしても日本の様に肉をキレイにカットする技法も有りませんでした、、、これも日本から反対に入った技法ですね。

ポッサムは北にもあります。
北の特徴は薬味に果実が多いせいか・・・色がスガスガしいのです。
ポッサム(包む)も同じで薬味系の野菜の色がそのまま生きてる感じです。
反対に韓国は塩辛系(網エビや海鮮類)を多用し唐辛子で色合いのインパクトをつけてるのが特徴的ですね。

また壺カルビも昔は肉の保存方法の一つだったと・・・w

今度ミラノに

韓国料理、日本食の2本立てで食べに行きたい!
イタリアの韓国レストランは20年ぐらい昔ローマで一度行ったことがあるのみで、
このミラノの店はそそられます。
フィレンツェにもそのうちできるとよいですね。
韓国料理、あまり詳しくないので勉強になります。。。

Re: No title

よのちゃん

卓上ロースターで焼く方法も日本で始まって、韓国でもそれを習ったらしいですね。
でも、肉を食べるのは宮廷料理の一つだったので、客に焼かせるなんてとんでもないと言う事で、本場では、お店の人が卓脇で焼いてくれるのですよね。
25年ほど前、麻布十番あたりの韓国料理店では、ロースターなんか設置されていませんでした。
焼肉もキッチンで焼いたやつを持って来てくれたのを憶えています。

Re: 今度ミラノに

ももこさん

イイですねぇ、二本立て。
私も前回は、昼に和食、夜は韓国でした。
ハッピーハイでした。

訂正

いつもブログ楽しく拝見させて頂いております。

一つ訂正ですが、

サンギョッサムではなくて
正確に発音すると、『サムギョプサル』です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%82%AE%E3%83%A7%E3%83%97%E3%82%B5%E3%83%AB

少し気になったので・・・

>そもそも・・・韓国の焼き肉と言う名称ではプルコギ(すき焼き風)しか
 昔は無かったと覚えてます。

昔も今も、『プルコギ』しかないはずです。

韓国では牛肉を甘く味付けて焼いたもののみを指し、焼き肉=『プルコギ』と言いますが、
日本でいうとこの『焼肉』とは内容が違うので、混同しがちです。

いつも美味しそうなものがたくさんアップされていて、
ブログを見るたびに早くフィレンツェへ行きたくなります!
私も欧州在住者で、以前はソウルに5年ほど住んでおりました。
韓国料理が大好きで、家でもよく作ります☆

また遊びにきますね。







Re: 訂正

らんさん

ご訪問ありがとうございます。
いつもご覧いただいて下さるとは、感激です。

わたしも韓国語の日本語読み、カタカナ書きに関しては、よく知らないので参考になります。
これに限らず、濁り酒もマッコリ、マッコルリ、マッカリなどと様ざまな表記のされ方があるようで、韓国語の日本語読み、カタカナ書きには『サムギョプサル』に限らず正直迷います。
Wikipediaによると地方によっても、他の国同様違いがあるそうですね。

『プルコギ』に関しては、どうでしょう。
昨今は韓国でも日本の無煙ロースターがかなり普及しているようですが...
日本からのいわゆる逆輸入みたいな形で、取り入れられていると聞いています。

また以前テレビでも、韓国人の高所得者層などでは、日本の焼肉システムを導入しているところなどが、大変増えていると聞き知ります。
実際、去年韓国に行った際にも、所々で見かけました。

また、気が付いた事があったら是非お知らせ下さい。
ありがとうございます。
プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。