スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国人が来るフィレンツェの中華料理店

裏メニューを楽しむ


フィレンツェの隣町、PRATOは中国人でごった返しています。
もうここはイタリアとは言えないくらい中国人で溢れています。
店舗の看板も中国語で書かれているくらいです。
その代わり、おいしい中華料理の店がたくさんあります。

ところが最近はフィレンツェの街の中心にも、中国人向けのメニューを出す中華料理店も出来ています。



gyuu patate


たとえば、サンタンブロージュに程近いココ。

わたし達の間で勝手に、肉じゃがと呼んでいるこれなどは、メニューにはありません。
食にこだわりを持つ友人 Mのちゃんが、中国人が隣のテーブルで食べているのを目敏く見つけて、今では我々の間の定番の一品です。
いろいろな香料がブレンドされていて、とってもチャイニーズ エスニックなゴキゲンのお味です。



gyuu picante


それとお気に入りは、牛肉の野菜炒め、辛いやつバージョンとリクエストします。
しかし、それが殺人的な辛さです。



gyuu picante close


なにしろ赤唐辛子と青唐辛子の量が、肉や他の野菜とほぼ同じ量なのです。
しかし、汗を流しながらのこれは辛いだけではなく、魅力的な味と香りが楽しめます。
わたしは、タオルを持参していきます。



tamago tomato soup


いかにも中国人好みのメニューです。
中国人は、トマトと卵の組み合わせが大好きです。
このスープ以外にも、炒め物のメニューもお勧めです。


昼は、メニューから注文し放題で、定額10ユーロポッキリ。
いつも昼などは中国人で満席なので、必ず予約をして行きます。


本場の味に、↓ クリックを

スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。