スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ朝晩は涼しくなりました

Scameritaの塩豚でラーメン


多くのイタリア人は敬遠する脂身の多い肉。
豚肉の頬から首周りの肉は、スカメリタと言われて日本人の私たちにとってもは、ゴキゲンな部位。
ほどよく脂が絡んでいるのです。



shiobuta_2012.jpg


イタリア人にあまり人気がないためか、値段もとてもりーぞなぶるです。
これを両面薄ーく塩を振り、冷蔵庫で3日から5日寝かします。

すると驚くほど肉が柔らかくなります。
これが、いわゆる塩豚です。



package_20120714193204.jpg


わたしの知る限り、フィレンツェのオリエンタル マーケットでは、売られていない中華三昧。
友人が日本から持ってきてくれました。
せっかくなので、手をかけてパーコー麺を作ることにしました。



done_20120714193831.jpg


本来は骨付きの排骨麺ですが、食べにくいので外した部分のスカメリタを使います。

片栗粉をまぶして強火のフライパンで両面に焼き色がついたら、中火に落として中までしっかり火を入れます。
後は、肉をやや斜めに角度をつけて切って、中華三昧の上に載せれば出来上がりです。

塩ラーメンに塩豚、このコンビはイケます。


2つのコラボに、↓ クリックを

スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。