スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ 一見地味な教会

OGNISSANTI (オーニッサンティ)


Borgo Ognissanti 42
50123 Firenze


フィレンツェを代表する豪華な5ヶ星ホテルが二つ向かい合う、その真ん中をアルノ川を真正面に見るこの教会は、一見小振りで、地味な趣を感じざるを得ません。

以前、偉人達の眠る教会としてサンタクローチェ教会をこのブログでも紹介しましたが、ここでもあの凄い人達が静かな眠りについている事を知る人は、あまりいないようなので紹介します。



front view


フィレンツェでは、初めてと言われるバロックのファサードは、手直しを施された17世紀から18世紀に取り付けられたそうです(聖堂そのものは、13世紀半ばに建てられました)。



inside_20100831215603.jpg


これは、中央祭礼壇。
右翼廊には、なんと初期ルネッサンスで最も業績を残したと賞賛される ボッティチェッリのお墓があります。
「ビーナスの誕生」、「プリマヴェーラ」 と 聞けば、知らない人でも知っている(?)はずだと思います。



botticelli.jpg


但し、ご注意を。
あれだけ著名な Botticelli の名前を探しても、彼のお墓は見つけられません。
なにしろ、墓標に刻まれている本名は、Alessandro  di Mariano Filipepi なのです。

見どころは、さらに続きます。



sei augustinus


1480年作の 「聖アウグスティヌス」もここに。

そして、あの方のお墓も。



amerigo vespucci


アメリカ大陸を理論的な意味で最初に発見したと言われる、アメリゴ ヴェスプッチもここに眠ります。

そして、教会向かって左手にある修道院の食堂へ向かいます。



giardino.jpg


これが回廊に挟まれたお庭です。

そして、各種ガイドブックでも紹介されているのが、



ultima cena


ギルランダイオの 「最後の晩餐」 です。
椅子が用意されていて、ゆっくりと鑑賞する事ができます。
照明は、やや黄色がかっていて、これは絵の保護の為か演出かは不明ですが、いい感じです。

これで入館料は無料とは、とても良心的だと思いませんか。


フィレンツェの人気ライセンスガイド、紹介します。


いかがでしょうか、↓ クリックを
スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。