スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ 緊急病棟へ入院しました

OSPEDALE SANTA MARIA NUOVA
(オスペダーレ サンタ マリア ヌオヴァ 病院)



Piazza Santa Maria Nuova,1
50122 Firenze


私のブログが年末ストップしました。
と言うのは、原因不明の高熱(一気に39.6度から始まり40.2度)に見舞われ、それが4日間続いて動けなかったのです。
その4日間、友人のアドヴァイスに基いて、市販薬を呑み、水を摂取するのとトイレ以外、ほぼ24時間寝て過ごしました。

それにも拘らず、丸4日間平均39度5分の高熱が続く為、体力的な不安も感じ(食事も4日間一切していない)、フィレンツェ の サンタ マリア ヌォーヴァ病院の Pronto Soccorso (緊急病棟) に、大晦日の夕方行く事にしました。


R0013137.jpg

緊急口から受付へ、すぐに症状を説明すると診察室に通され(緊急病棟ではここに限らず、緊急病院では通常何時間も待たされることで、有名なのですが)、今回は待ち時間なく診察に入ることが出来ました。


問診、触診、医療器械による検査ならびに尿検査を受け、意外なほど早く結果も分かったようです。
次に経口の抗生物質を含む頓服薬や2種類の注射が ↓ 。


R0013180.jpg

19:15 の欄から始まりどのようなものが薬として投与されたか、一分刻みで分かります。

その結果、

R0013177.jpg

体温も37.4まで下がり、いよいよ担当医と面談の上、退院の是非が決まります。
私は体温も下がり、4日ぶりに平温に戻りすっかり気分が良くなった旨を担当医に伝えると、担任の許可が下りました。

帰宅途中、年を越した直後でしたので、爆竹の鳴り響く中、あの悪夢の高熱をこの3時間足らずで、治療してくれたPronto Soccorso にただただ感謝するばかりでした。 
また、治療費は、ここでも一切かかりませんでした。


R0013138.jpg

正面外観(現在改装中)


R0013134.jpg

教会も正面に入り口があって自由に入ることが出来ます。








スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。