スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Harley Davidson

イタリア人もかなり好きなオートバイ


アメリカを代表するオートバイ、ハーレーダビットソン。
イタリアでも、とても人気があります。



IMG_7057.jpg


なんとも言えない無骨で繊細さにかけた、いかにもアメリカらしいボディー。



IMG_7052.jpg


90年代くらいからは、エンジンなどの部品は、お忍びで日本の手が加わったと聞いています。



IMG_7058.jpg


オートバイを買うなら、いつもヤマハと決めていますが、ちょっと浮気したくなるのがハーレーです。

でも、お値段が、、、


バイク好きの方は、↓ 是非クリックを
スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

ヘッドライトが好きです

DUCATI 


イタリアでは、あまりアクセサリーを付けずにほとんどオリジナルの状態でオートバイもクルマも乗っているようですが、たまにかなりいじっているものも見かけます。



IMG_6019.jpg


このヘッドライト、すごいこだわりを感じます。
マフラーもそうですが、ミラーやグリップの細かいところまで手を加えているのが見受けられます。

モンキーちゃんが、なんともこのスパルタンに改造されたバイクに ソフトなアクセントが、、、


バイクファンは、↓ 是非クリックを

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

はじめて見たドカティ

DUCATI S 4 (ドカティ S 4)


中学生の頃、オートバイに夢中でした。
もちろん免許証も持っていないので、ひたすら雑誌を読み頭でっかちになっていました。
当時から高性能が謳われていた日本車の中で、一際目立っていた外国製オートバイが、ドカティでした。

かっこよかったです、憧れました。



side view


先日、街中で見かけたドカティ、今まで見たことがありません。
かなりオリジナルに手を加えているようです。
目立ちます。



dynamo.jpg


ダイナモケースも削り、スケルトン状態です。



cooking fan


最近のオートバイは、カウル付きのものが多いので、こうやってラジエター ファンが見えると、なんだかセクシーさを感じてしまいます...



brembo.jpg


ブレーキはもちろんブレンボ。
ディスクブレーキの歴史とともに歩んで来たといって良い、高性能ブレーキの頂点。
61年創業のこの会社、70年代には早くも高い技術力が認められ、いまではポルシェ、フェラーリ、メルセデスも採用、F1を始めとしたレースでも高いシェアを保持しています。



winker.jpg


ちび出しウインカー。
かっこいいですね(最近では、日本車でもあるようですが)。
昔のウインカーといえば、子供のゲンコツくらいの大きさでしたから。



inpane_20131026001315635.jpg


デジタル化が進む中で、アナログメーターというのが、わたし好みです。
視界の一部にあれば、針の位置で、速度も、エンジン回転数も 「読まなくても」 分かるところが良いです。



v rear


二本片出しマフラー。

官能的です、イタリアンバイク ドカティ。


もしよければ、 ↓ クリックをお願いします。

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

イタリアンなオートバイ

APRILIA (アプリリア)


街で見かけた、イタリアン。

その昔、ドゥカティの900SSに憧れました(あのロケットカウルが衝撃的でした)。
気がつくと自分にとって魅力的なオートバイの殆どはイタリア車でした。

MVアグスタ、ビモータ、モトモリーニ、イタルジェットなど。



head.jpg


そんな中で、わたしが特に最近魅力を感じているのは、APRILIAです。
レース界では、70年代後半から80年にかけて、人気と実力を誇った会社ですが、経営的には破綻。
2004年に、日本でもスクーターで有名な会社ビアッジオの傘下に。



tank_20130816195941170.jpg


でも、その独自のオートバイ作りは、とても魅力的だと思います。
この官能的ともいえるタンクの曲線。



inpane_2013081620285689c.jpg


インパネまわり。



lower cowl


エンジン下の空力にも細かく気を使っているところがすごいです。



suspension.jpg


サスは、P社 のようです。



cowl.jpg


汚いですが、いい感じ…


イタリアンバイクファンは、↓ クリックを。

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

フィレンツェの街で見かけたホンダ

ホンダ ドリーム CB400Four


バイクが大好きと言うより夢中になっていた10代、憧れのバイクがこれでした。
今でも大好きです、CB400Four。



head2.jpg


近所で、よく見かけるほぼオリジナル状態のヨンファー。
本当に普通乗りです。



tank cap


このクロームのタンク キャップ...
いいなぁ~



four.jpg


もう40年近く経っているはずですが、4気筒をささえるエクゾーストパイプ、完璧オリジナルです。
官能的な美しさを感じます。



meter.jpg


70年代を感じさせるメーターまわり。
オドメーターは少なくとも一回転してると思います (笑



rear_2013080512043341a.jpg


伸びるチェーン、スポークホイールにドラムブレーキ!!
昔はフツーでした。
何しろ、携帯電話もない時代ですから。



head close


このクラスのバイクで、4気筒エンジンは生産コストがかかり過ぎて、人気があるうちに生産中止になりました。

これは本当に魅力的なカフェレーサーバイクだと思います。


わたしのように、ううっ、欲しいという方は、 ↓ クリックを

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。