スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ 常連客でいつも一杯の トラットリア

Trattoria il Contadino(トラットリア イル コンタディーノ)

via Palazzuolo, 69/71r
50123 Firenze

世界的な不景気で、若干客は減ったのかと思いきや相変わらず地元の常連客と、口コミで来たヨーロッパや米国からの観光客で一杯のトラットリアがここです。

contadino_front.jpg


人気の秘訣は、プリモ、セコンド、付け合せ、ワインをその日のメニューから各々お好みで選んで、昼が € 11、夜が € 12 という値段設定。
お味ですか? おいしくなければ、外で人が待つほど混雑しません。


contadino_dentro_01.jpg

店内は、いたって素朴な感じ。


contadino_pasta genovese
Pappaldelle con salsa verde
(パッパルデッレ コン サルサ ベルデ)
注文してからすぐに出てくる割には、茹で具合もちゃんとしていますし、ソースも真面目に作っています。


contadino_gnocchi.jpg
Gnocchi al gorgonzola
(ニョッキ アル ゴルゴンゾーラ)
ジャガイモと小麦粉から出来ているパスタなので、それに負けないソースとして世界三大ブルーチーズのひとつであるゴルゴンゾーラで味付けしています。


contadino_pane.jpg
Pane(パン)

全てのメニューにトスカーナパンがついてきます。
トスカーナパンの特徴は、塩を一切使っていないところです。
その代わりの一般的にトスカーナ料理は、食事がやや塩辛いのです。


contadino_cotoletta al salsa pomodoro
Cotoletta con salsa di pomodoro (コトレッタ コン サルサ ディ ポモドーロ)
牛肉を叩いて薄くしたものに衣をつけてフライパンの浅い油で揚げます。
通常は、それにレモン等を絞って食べるのですが、ここのはトマトソース掛けで出されます。
勿論、トマトソース掛けか、そのままかは選べます。


contadino_bistecca di maiale
Bistecca di maiale con osso (ビステッカ ディ マイアーレ コン オッソ)

骨付き豚肉のステーキです。
厚みこそありませんが、骨の周りの肉がとってもおいしいです。


contadino_patate fritto
Patate fritto (パターテ フリット)

付け合せにポテトフライを選んだのは、ここのは揚げたてでアツアツが食べられるからです。
その他、サラダやほうれん草の煮て炒めたものなどが選べます。


contadino_cliente.jpg

私は、初めて行くレストランに入る時などは、食事をしている人の表情を必ず観察してから、そこで食べるか否かを決めます。
こういった客の表情が見られるレストランは、私のジャッジでは合格です。


スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

いつも

BDさんのブログを拝見するといつもお腹がすいてきます。
ホントにどれもこれもおいしそうですね。
店構えは質素な感じですが、僕の好きな雰囲気です。
こういう店が適度に騒がしい状態なのは逆に落ち着きます。
それにしてもBDさんは美食家ですねぇ。

heyさんもですか

すみませんレスが遅れて...
私は、こういった庶民的な雰囲気で、おいしいところが好きなんです。
通いつけのバールも下町のオヤジが集まる、極めて庶民的なところです。
美食家ではありません。
ただ、食べるもので、好きなもの嫌いなものはハッキリしています。

No title

うぅ~む・・・食文化の違いでお店が日本では別物に・・・w

日本は大衆食堂って感じかな・・・それはそれで好きだけど

写真から臭うモノが違いますね(爆

Re: No title

>よのちゃん

ここは典型的なフィレンツェの大衆食堂です。
日本で例えるところのどこなのかなぁ~。
チェーン店ではなさそうだけれど、なんか街中の食堂って感じです。

プロフィール

スーパートスカーナ

Author:スーパートスカーナ
食べること、飲むことが好き、クルマが好き、そしてトスカーナ、フィレンツェが大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。